Kamiishinaka Kana (かみいしなか かな) – Hometown Dream (ふるさとの夢)

ふるさとの夢

furusato no yume
“Hometown Dream”
ふるさとの夢
2017.03.25

Kamikokuryo Moe, Ishida Ayumi, Nakajima Saki, Kanazawa Tomoko Lyrics/作詞: ???
Composer/作曲: ???
Arranger/編曲: ???

Romanization Japanese Translation
densha no mado kara mieru yama to gawa
koko ga watashi no sodatta machi
jimoto no eki made ato hito eki da wa
naze ka kinchoushite kita
omiage motazu kaette kita no wa
[Na/Kan] koko de mata hajimeru kara

gunjou no sora mokuren hokuto shichisei
KUSUNOKI no kaori mogitate no biwa
yama to umi no kaze ga fukitsukeru kono machi
sukoshi someta kami mo shima de hiete

NOSUTARUJIKKU ni furikaeru wake janai
toki wa nagareteru no kono machi mo
atarashii kurashi wo koko kara hajimeyou
umaresodatta kono machi ga ima mo
daisuki

“toukyou dete kara hajimete kizuita”
sonna koto kazoe kirenai

BURIIKU dekinai hito no tsunagari ga
kono machi ni wa aru kara

kyori no chikasa ga te ni amatteta
[Kam/Is] ano koro wa mada wakaranakute

gunjou no sora mokuren hokuto shichisei
toukyou no yoru ni mo arimashita
juusanbansen no HOOMU ARAAMU ga natta
watashi ga umaresodatta kono machi

yoru no hajimari utaidashita SUZUMUSHI
kuchi urusakatta obaachan tachi
sukoshi shizuka ni natta toki wa nagarete ita
samishisa mo aru kedo kono machi ga ima mo
daisuki

gunjou no sora mokuren hokuto shichisei
KUSUNOKI no kaori mogitate no biwa
yama to umi no kaze ga fukitsukeru kono machi
sukoshi someta kami mo shima de hiete

NOSUTARUJIKKU ni furikaeru wake janai
toki wa nagareteru no kono machi mo
atarashii kurashi wo koko kara hajimeyou
umaresodatta kono machi ga ima mo
daisuki

電車の窓から見える山と川
ここが私の育った町
地元の駅まであと1駅だわ
なぜか 緊張してきた
お土産持たず 帰ってきたのは
ここでまた始めるから

群青の空 木蓮 北斗七星
クスノキの香りもぎたての枇杷
山と海の風が吹き付けるこの町
少し染めたかみも島で冷えて

ノスタルジックに振り返る訳じゃない
時は流れてるのこの町も
新しい暮らしをここから始めよう
生まれ育ったこの町が今も
大好き

「東京出てから初めて気づいた」
そんなこと数えきれない
ブリーク出来ない人の繋がりが
この町にはあるから
距離の近さが 手に余ってた
あの頃はまだわからなくて

群青の空 木蓮 北斗七星
東京の夜にもありました
13番線のホームアラームがなった
私が生まれ育ったこの町

夜の始まり歌い出したスズムシ
口うるさかったおばあちゃんたち
少し静かになった 時は流れていた
寂しさもあるけどこの町が今も
大好き

群青の空 木蓮 北斗七星
クスノキの香りもぎたての枇杷
山と海の風が吹き付けるこの町
少し染めたかみも島で冷えて

ノスタルジックに振り返る訳じゃない
時は流れてるのこの町も
新しい暮らしをここから始めよう
生まれ育ったこの町が今も
大好き

N/A

Japanese: ameblo.jp/0507yui0304
Rom: Acchan
Eng: N/A
info:

Add a Comment